シングルマザーになった普通の会社員のブログ

4歳と行く!子連れシンガポール旅行記  4日目 帰国日

※写真はアンバサダーラウンジのシャワールームです。あまりにも写真がなくて、公式からお借りしました。

飛行機の出発は夜中の2時!

19時までUSSで遊んだあと、ホテルへ荷物を取りに帰り、そのままタクシーで空港へ。空港に着いたのは21時ごろでした。

到着後の予定はこんな感じ。

①荷物の整理(出国後に休憩ラウンジでシャワーを浴びることを想定して)

②アーリーチェックイン

③出国

④夕飯・買い物

⑤休憩ラウンジ(アンバサダーラウンジ/ターミナル3利用)

⑥搭乗

比較的スムーズに搭乗まで過ごせましたが、唯一の反省は、シャンプーなどのアメニティを①の段階で全部スーツケースにしまってしまったこと。

③出国のところで没収されてしまうと思っていたのですが、それは間違いでした。チャンギ空港はその構造上、搭乗ゲートで持ち物検査をします。つまり⑥まで液体のチェックをされません。到着した人と出発する人が同じ場所でウロウロしている、世にも不思議な空港なのです。到着した時に、やけにたくさんの人が床で寝ているなーと思ったのですが、よくよく考えてみたらそれが原因でした。みなさん、深夜便の出発を待っていたのです。

⑤のラウンジも、ゆうても有料だし、日本の旅館くらいのアメニティはあるだろうと見積もっていたのですが、全然ありませんでした。あったのは、タオルと、リンスインシャンプー、ボディソープくらいです。すててもOKな旅行用アメニティがあるのであれば、⑤まで持っていきましょう!!

 

アーリーチェックインと買い物

21時に空港に到着した私たちは、とりあえず荷物の整理をしました。JALの利用だったので、出発時間の12時間前からできるアーリーチェックインをしたかったのです。アーリーチェックインについて、詳しくはJALのページを→こちら

プレミアムラウンジの並びにあって、なんだかちゃんとした見た目のカウンターなので、エコノミーは使えないよ!と言われるのでは?とドキドキしましたが、大丈夫でした。銀行のように、入り口付近にあるディスプレイを操作して、受付番号をもらい、呼び出されるのを待ちます。ものの5分ほどでチェックインは完了。

チェックインカウンター周りは、とにかくすごい人で、やることもなかったので、サクッと出国してしまいました。

出国後は、お買い物する店もたくさんあるというのを楽しみにしていたのですが、猛暑の中絶叫マシンに乗って疲れ過ぎていたのか、それどころではありませんでした…TWGで紅茶とマカロンを買ったくらいです。夕飯はフードコートのサブウェイという手抜き具合。でも、サブウェイは、欧米の方々で激混みでした。やっぱり馴染みのものが食べたくなるのかしら。

余談?ですが、TWGの紅茶はめちゃくちゃ美味しかったので、是非買ってください。ハワイでマカデミアンナッツを買うようで少々恥ずかしいとおもいますが、大丈夫です!美味しいから!

ベーシック(で一番リーズナブル)な3種類のフレーバーが入ったティーバッグの紅茶を買ったのですが、どれも良き味、良き香りでした。コットンのバッグが良いのだろうか。日本にもお店があるようなので、今度行ってみたいと思います。マカロンは…ラデュレの方が好みでした。

 

誰でも使える休憩ラウンジでシャワー!

空港のラウンジというと、プレミアムユーザーとか、アメックスを持っている人しか使えないイメージだったのですが、チャンギ空港にはお金を払えば使えるラウンジがあります。

ターミナル3にあるAmbassador Transit LoungeはJCBカードで支払いするとちょっと安くなるので、そこを使いました。割引の詳細はJCBの特典ページをどうぞ→こちら

割引されるといっても、大人3人と子供1人で150ドルくらいになります。サービスが良いかと言われたら、なんとも言えない感じで、シャワー浴びるだけなら、1泊100ドルくらいの安いホテルをもう一泊抑えた方がよかったかも…というモヤモヤが残るラウンジでした。

もちろん、ちゃんとソファーがあるし、軽いブッフェ的なものも夜中でもそれなりにありました。スタッフが一人しかいないので、欠品しているメニューがあっても補充があまりされないんですよね。飲み物は全て飲み放題。シャワールームも、一応清潔が保たれていました。ただ、「ラウンジ」という単語から想像するあの感じではなく、相当庶民的な感じです。ラウンジを使わずに、床で寝る人がたくさんいるのも、納得する感じでした。

到着が羽田だったのですが、羽田にもシャワールームがあって、こちらは30分1030円でした。子供がいなければ、とりあえず、ベンチで時間を潰して、到着後に日本でシャワー浴びても良かったかなと思います。

 

無事に搭乗&感想

夜中のフライトでしたが、ラウンジで仮眠をとった4歳児は元気に搭乗口まで歩いてくれ、無事に着席。離陸後はうまく眠れずに若干グズグズ、私もイライラしましたが、なんとか無事に過ごしました…。まぁ羽田空港からのバスでは、二人とも爆睡だったので、飛行機の中で熟睡はできていなかったんだと思いますが。

今回、初めて子どもを連れて海外へ行きましたが、感想としては「なんとかなる!」でした。治安と病気をそれほど気にしなくても良いというのが、心の安定に繋がっていたと思います。子連れ旅行でハワイやグアムなどのリゾート地が人気になるのもわかりますね。囲われたところにいれば、一応安心です。

子連れで絶対に行きたいのは、フロリダのディズニーワールド。完全に囲われた世界なので、治安は大丈夫。問題は乗り継ぎありのフライトで20時間くらいかかること。もう少し大きくなったらチャレンジしたいです。お金を頑張って貯めたいと思います!

★今回の旅行記一覧★

4歳児と初めての海外旅行 〜シンガポール〜

4歳と行く!子連れシンガポール旅行記 0.5日目 初飛行機とSIMカード購入

4歳と行く!子連れシンガポール旅行記 1日目 マリーナ観光とタイ料理

4歳と行く!子連れシンガポール旅行記 2日目 シンガポール動物園とマーライオンとチキンライス

4歳と行く!子連れシンガポール旅行記 3日目 ユニバーサルスタジオシンガポール