シングルマザーになった普通の会社員のブログ

4歳と行く!子連れシンガポール旅行記 1日目 マリーナ観光とタイ料理

移動はMRTで。TOP-UPに注意!

初めての街に来た時には、高いところに登るのが全体を知る上で重要!ということで、初日はMBSの展望台へ登るところからスタートしました。ホテルのある駅(Rochor)から、MBSのあるBay Front駅まではMRTで1本!便利ですね。

MRTに乗るためにはツーリストパスとか色々あるようなのですが、私たちはローカルも使っているメトロカード(suicaのようなもの)を買いました。お得かどうかはわからないのですが、調査不足で、とりあえず買った感じです。4歳の子どもにもカードはいるか?と聞いたところ、「不要」とのことだったので、私と一緒にゲートをくぐるようにしていました。シンガポールでもツムツムが人気のようで、今回買ったメトロカードもツムツムデザインでした。子ども大喜びです。

ちなみに、このメトロカードですが、チャージ金額が3ドルを下回ると入場できなくなります。改札でエラー音と一緒に「TOP-UPしろ」と出るのですが、TOP-UPの意味がわからず、カードの上下が逆なのか?裏表逆なのか?とか色々試行錯誤。駅員さんのいるカウンターに行ったところ「No money!」と言われました。チャージのことをTOP-UPと言うようで。

おそらくTOP-UPという単語は忘れないと思います。経験に基づく勉強は、一瞬で身につきますね。

 

MBSの展望台はとても気持ちが良い

MBSの展望台にいくには、Bay Front駅からショッピングストリートを通っていきます。結構広くて、思ったより歩いた気がします。展望台へ上るところも、ホテルの端っこにあり、MBSへチェックインする人たちを横目に見ながら、ずんずん歩きました。

念願のMBS展望台は、日差しは強いものの、風が吹き抜けてとても気持ちが良かったです。Gardens bay the bayとか、シンガポールフライヤー、マーライオン、金融街と、シンガポールの名物が一気に見渡せます。シンガポールでは、街中の道路を使ったF1の大会が開かれるようで、そのスタート地点なんかも見えました。すごい迫力なんでしょうね。ワイルドスピードの世界でしょうか?

貿易都市としてのシンガポールも健在で、山のようなタンカーが海にたくさんいました。(いちばん上の写真参照)

とまぁ、テンションが上る大人をよそに、子は不機嫌MAX。疲れや暑さから、「つまらない」「下に降りたい」「もうここにはいたくない」とのたまる。展望台に来るのにひとり20ドルくらい払ったのに、滞在時間は10分程度でした…子連れ旅行の洗礼を浴びた感じです!確かに、ちょっとしたバーカウンターはあるものの、やることはそんなにないんですけどね。

 

Gardens by the bay  ひとつのドームだけ利用

MBSで子連れ旅行の洗礼を浴びたあと、Gardens by the bayへ。ここも、MBSから結構歩きます。ガーデン内も結構歩きます。気温30度を超える中、キツかったです。不機嫌なこどもにも「お水遊びをするところがあるよ、頑張って歩こう!」と声かけしながらなんとか到着するものの、先の記事にも書いたように、ここにある水遊び場はメンテナンス中のため使用できず…。子どもはシクシクするし、大人は暑さでヘロヘロだしで、最悪の空気となりました。

そこで思い出したのが、Gardens by the bayの「cloud forest」というドームの中に滝があるということ。「水」というただ唯一のキーワードで子の機嫌を戻すべく、チケットを買いに走りました。

チケットの案内ディスプレイには、「cloud forest」と「flower garden」の2つのドームがセットになったチケットしか提示されていなかったのですが、カウンターで問い合わせたところ、「片方だけのチケットもあるよ!」とのこと。1つだけで購入すると16ドルでした。2つ行く予定のある方はセット(28ドル)で買ったほうがお得ですが、もし時間に限りがあったり、滝が見たいだけなら、スタッフに相談すると良いと思います!

屋内に滝を作るとは、一体どういう発想なのかわかりませんが、実際に見てみるとインパクト大!もちろん滝の周りは水がガンガン降ってくるので、子どももキャッキャと喜んでいました。良かった…。子どもが水好きなのは、世界共通のようで、各国の子どもがキャッキャ言っていました。ドーム内はとても涼しいので、体力回復にも◎です。

MBSまで歩いて帰るのも暑かったですが、今度は「美味しいごはんを食べよう!」と食べ物で釣り、なんとか歩いてもらいました。MBSのフードコートは結構広くて、席もたくさん。ちょっと金額が高めな気もしましたが、涼しいし、味も良かったです。ここで食べた肉骨茶が最高でした!

ホテルで休憩後、夕飯はタイ料理。

体力のない我が家は、いったんホテルへ帰って昼寝。子連れの場合は、無理禁物ですね。元気が回復したところで、ローカルに評判だというタイ料理屋さんへ行きました。

なぜ、シンガポールへきてタイ料理なのか…それは私の父が「おいしいパイナップルチャーハンが食べたい」と言い出したからです。こういう時のGoogle、検索してみたところ、ホテルの最寄りの隣の駅Bugisにおいしいタイ料理屋さんがあることがわかり、そこへ行きました。

行ったレストラン(AH LOY THAI /アロイタイ )のトリップアドバイザーのページ

駅から少し離れますが、レストランが立ち並ぶ通りにありました。人気なお店ということで、早めの時間18時くらいに行ったところ、それほど混んでおらず、すぐに座れました。注文は、チェックリストになったメニュー表に個数を鉛筆で書いて、レジへ持っていく感じ。お寿司を持ち帰りするときのイメージです。英語はなんとか通じますが、相手が何を言っているか聞き取れないこともしばしば。聞き返したら若干キレられたので、サービスは期待しないでください。

味に関しては、とても美味しかったです!パッタイというものを初めて食べましたが、いい感じの味の濃さでGOOD(写真手前)。目当てのパイナップルチャーハン(写真奥)も、レーズンやパイナップルの酸味がちょうどよくて美味しかったです。ただ、一番美味しくて、子どもが喜んでいたのは、ハニーレモンジュースでした笑

シンガポールのローカル感を味わいたい方には、おすすめです!

 

以上、1日目の旅行記でした。2日目は、シンガポール動物園とマーライオンです!

↓旅行記のリスト

4歳児と初めての海外旅行 〜シンガポール〜

4歳と行く!子連れシンガポール旅行記 0.5日目 初飛行機とSIMカード購入

4歳と行く!子連れシンガポール旅行記 2日目 シンガポール動物園とマーライオンとチキンライス

4歳と行く!子連れシンガポール旅行記 3日目 ユニバーサルスタジオシンガポール

4歳と行く!子連れシンガポール旅行記 4日目 帰国日