シングルマザーになった普通の会社員のブログ

4歳と行く!子連れシンガポール旅行記 0.5日目 初飛行機とSIMカード購入

シンガポールに到着するまで

子連れで初めての海外旅行、しかも初めての飛行機。本当にドキドキしました。

今回、往路に予約したのは、18時ごろ成田発、次の日の夜中1時ごろにチャンギ空港着するJALの直行便。

搭乗前にキッズエリアで遊ばせたり、「離着陸の耳抜き用」として、普段は食べさせないチュッパチャップスをプレゼントしたり、かっこいい子ども用ヘッドフォンをつけさせたり…ありとあらゆる手段を講じて、なんとか無事にチャンギ空港へ到着しました。

キッズエリアでの遊びが効いたのか、水平飛行になるくらいから食事が出てくるまで爆睡で、私も見たかった映画(オーシャンズ8)を楽しむことができました。食事のタイミングで少し起きて、その後機内が暗くなるともう一眠り。それなりに寝たからか、到着後の入国審査の時も、元気に歩いてくれて、とても助かりました。キッズミールはあまり食べませんでしたが、飛行機でご飯を食べるという経験はなかなか楽しかったようです!

ただ今回のフライトで、やっぱりアメリカ本土やヨーロッパなど10時間を超える飛行機に乗せるのはまだキツイなとつくづく感じました。映画とか、ゲームとか用意されているエンターテイメントをもう少し楽しめる年齢になってくれるのを待ちます。今の年齢だと、まだ30分くらいしか集中して見られないみたいです。

 

到着後、最初にしたのは両替とSIMカード購入

 

今回の旅行で、密かな楽しみにしていたのは海外SIMの購入と利用。ソフトバンク→ymobileへの乗り換えでSIMロックを解除していたので、渡航先のSIMを使えることが判明。色々調べて、SingtelのツーリストSIM(5日間有効/100MB使い放題)を購入することにしました。

SIMカードは、到着ロビーにある両替カウンターで購入可能とのことだったので、両替ついでに購入しました。(画像は、ターミナル1の到着ロビーの地図です。出てすぐ左手にカウンターがあります。)

カウンターにいくとにこやかなおばさんが対応してくれ、ほんの数分で完了。SIMピンを持っていなかったのですが、入れ替えもやってくれました。最初は通信が不安定(圏外だったり、3G表示だったり)でしたが、空港を出る頃にはSingtel /4Gの表示に。通信速度も問題なし!でした。

現地では、SNSやGoogleMAP、ウェブサイト閲覧など普通にスマホを使っていましたが、それでも2GBしか使っていなかったようで…動画を見たりしなければ、問題なく使えます。

一緒に行った両親は、wifiルーターを持参していましたが、スマホとwifiを常にセットで携帯しないといけないので、ちょっと不便そうでした。旅行者用SIM、オススメです!

このSIMを買った後、リムジンタクシーを呼んで、ホテルへ向かいました。

ホテルは「ビレッジホテルアルバートコート」に

 

シンガポールといえば、ビルの上にプールのあるマリーナベイサンズが有名ですよね。あのプールに入るためにMBSへ泊まる方が多いようなのですが、我が家は節約のため、普通のホテルに泊まりました。

MBSは1泊5万円程度、我が家が止まったホテルは、3泊2部屋で6万円ちょっと。経済的!Hotel’s.comを利用しての予約で、「隣同士の部屋がいいなぁ」と書いておいたら、コネクティングルームにしてくれていました。ありがたや。

最寄り駅は、Rochorという駅で、Little Indiaの近く。どこへいくにも便利な良いところでした。そこそこ広くて、経済的なホテルをお探しだったら、おすすめです。

hotel’s.comのビレッジホテルアルバートコートのページ

部屋は天井が高く、バスルームも綺麗。ドライヤーがちょっと不調でしたが、全く問題のないホテルでした。眺望もぜんぜん良くなく、普通の方が住むマンションが見えるのですが、独特な洗濯物の干し方とか面白かったです。初日に子どもが鼻血を出して、シーツを汚してしまったのですが、事情を説明するメモとチップを少々置いておいたところ、綺麗に変えてくれていました。

シンガポールにはチップの習慣がないようですが、こういう時に「気持ち」を表す方法として有効だなぁと感じます。

 

ということで、ホテルまでの旅行記でした。まだまだ続きます!

4歳児と初めての海外旅行 〜シンガポール〜

4歳と行く!子連れシンガポール旅行記 1日目 マリーナ観光とタイ料理

4歳と行く!子連れシンガポール旅行記 2日目 シンガポール動物園とマーライオンとチキンライス

4歳と行く!子連れシンガポール旅行記 3日目 ユニバーサルスタジオシンガポール

4歳と行く!子連れシンガポール旅行記 4日目 帰国日