シングルマザーになった普通の会社員のブログ

ソフトバンクからワイモバイルへ ~おうち割も継続できました~

今更ながら格安スマホへ移行しました

 

J-PHONE時代から、携帯キャリアの変更をしたことがなく、気がつけばソフトバンクユーザーだった私。

キャリアの変更なんて考えもせず、どちらかというと2年の分割払いが終わった瞬間に、新しいiphoneへ買い換えるのを楽しんでいるタイプでした。

ところがどうも、このご時世、そういう人は「情弱」というらしい…

大手キャリアから格安スマホへ移行すると、月々の代金が1000円とかになるらしい…

ということを察知しまして、早速実行に移しました。

世の中的には「ワイモバイル」は格安スマホとキャリアの間のような存在で、ワイモバイルユーザーは「格安スマホユーザーではない」というような雰囲気のようですが!

 

ワイモバイルを選んだ理由

 

私がワイモバイルを選んだ理由、それは「速度が気になる」「電話を使う」「家の固定回線がソフトバンク光だった」です。

まず、「速度が気になる」について。

色々調べると、格安スマホには格安の理由があり、沢山の人が使う時間帯の通信速度がとても遅くなるようです。

私はかなりのスマホ依存者&短気&早い通信速度に慣れすぎているので、速度の遅さが相当なストレスになるだろうな…と思い、「速度が遅くてもよいから安い」といういわゆる格安スマホ会社は、早々に選択肢から除外しました。

UQWIMAXは、全然問題ない速度のようで、この段階で選択肢は「UQ」or「ワイモバイル」の2つに。

 

次に「電話を使う」。

よくよく考えてみると、電話を使うシーンが結構ありました。若い子だと全部LINEとかで済ませちゃうんですかね。

子どもの保育園とのやり取り、病院の予約、いろいろな手続き、両親への孫電話など…ぽろぽろと。

UQは「5分以内の通話全部無料!」、ワイモバイルは「10分以内の通話全部無料!」なので、ワイモバイルの方が魅力的に思えて、ほぼ心が固まりました。

 

そして、最重要ポイントの「家の固定回線がソフトバンク光」!

固定回線がだいたい4000円くらいなのですが、UQのwifiルーター(容量無制限)も4000円くらいなのです。

たとえば、家で使う固定回線もUQのwifiに乗り換えてしまい、外出の時にもそのルーターを持ち歩けば、通信容量が一番低いプラン(2GB/1980円)でUQのスマホを契約してもOKになります。そうすると、通信費はざっと6000円に!

一方、家の通信回線をソフトバンク光のまま、ワイモバイルにした場合、ソフトバンクでもある「おうち割」が使えれば、月々700円の割引をずーっと受けられます。ワイモバイルでそこそこ通信容量のあるプラン(6GB/2980円)を選んでも、割引をいれると通信費はざっと6200円。

外出先でwifiルーターをいちいちオンオフする手間、ソフトバンク光を解約する手間を考えたら、「ソフトバンク光+ワイモバイル」がベストだなという判断に至りました。

 

ところが、ワイモバイルで「おうち割」について言及されているシュミレーションは「ワイモバイルと同時にソフトバンク光を申し込む」パターンばかり…

はたしてすでにソフトバンク光ユーザーの私は、ワイモバイルの「おうち割」の対象になるのだろうか?と不安になってきました。

これは問い合わせをせねばです!

 

結果:すでに契約しているソフトバンク光もおうち割の対象となる!

 

最近よく、お問い合わせの画面に「チャットで答えます!」とポップアップが出てきますよね。ワイモバイルももれなくそのサービスを使っており、私もチャレンジしてみました。

問い合わせ対応時間に電話がなかなかできないので、このサービスは本当に助かります!オペレーターさんの敬語がちょっと不思議だったけど、そこもご愛嬌です。

問い合わせの結果、『すでにソフトバンク光を契約していても、おうち割の対象になる』とのことでした。

ただし、手続きはお店でしかできない様子でした。ワイモバイルを契約しに行くときに、ソフトバンク光の契約書などにある「カスタマーID」を持っていけば、その場でスタッフさんが「おうち割」の申請をしてくれます。この「おうち割」の申請をちゃんとしないと、割引の適用外になるようなので注意です。

 

乗り換えの手続きは45分くらいで終了~

 

疑問点も解消されたところで、早速ワイモバイルのお店へ。ウェブサイトから事前に予約できるのが良いですね。ソフトバンクショップとか、待ち時間異常ですから…

そこで、例のおうち割の話とかして、サッと手続きを進めてもらい、45分くらいで完了。あっという間でした。

店員さんに「ソフトバンクとワイモバイルって何か違うんですかね?」と聞いたら「なにも変わらないですよ。最新機種が使えないことくらいです」とのご回答。それで通信料が半分になるっていうんだから、よくわからない業界です。

SIMを変えても、表示はsoftbankのまま、通信速度も変わらず。快適な格安スマホライフを送っております♪

 

乗り換えで若干面倒だったのが、「キャリアのメアドが使えなくなること」でした。いくつか、必要なサイトの登録をキャリアのメアドでしてしまっていたので、gmailに登録変更しました。まぁでもあの手間で、通信費用が半額になるのだから嬉しいもんです!

ただ、その金額がいつまで続くのかがちょっと見えづらい不安も。最初の1年間は2980円のプランも、2年目になると3980円になるのです。そして、いまは6GB使えているデータ容量も、本来は3GBなのが2年間限定で2倍になるキャンペーンをやっているからなんですよね…

他の会社もそんなのばっかりで、計算するのが面倒になります。

総務省が、携帯キャリアの契約体系に怒っておられるようですが、格安スマホのこの「とりあえずキャンペーン戦争」にも首を突っ込んでもらいたいなぁと心から思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です